りょん日記

世界一周、はじめました!くう〜。

アウシュヴィッツを訪れて。

チェコではその後、ブルノという街に移動し2泊ほどした。

街並みは綺麗だし、物価も安い。ビルの三階にあるホステルもなかなか居心地もよく、メキシコ人の友達もできた。

 

そのあとはまたバスに乗ってポーランドのカトヴィツェという町に向かった。

ポーランドに来た目的はただ1つ。

負の世界遺産である、「アウシュヴィッツ強制収容所」に行くこと。

ここも世界一周中に必ず訪れたいと思っていた場所。

アウシュヴィッツの存在を知ったのは、ドラマ「白い巨塔」で唐沢寿明演じる財前教授が学会出張の合間で訪れるシーンを見て。

その時ホロコーストについて知っていたかは覚えていないけれど、ただならぬ重苦しい雰囲気がすごく衝撃だった。それから高校生になってから友達に「シンドラーのリスト」を勧められたりして、いつか自分もアウシュヴィッツに行ってみたいと思っていた。

そして、大人になった今、そこで自分自身が何をどう感じるかに興味があった。

f:id:ryoko828m:20180730212823j:plain

 

実はユダヤ人の強制収容所に観に行くのは今回が2箇所目。

というのはドイツにあるダッハウ強制収容所にも行ったから。

ダッハウは一番古い強制収容所で、他の収容所のモデルになったところ。

それから日系アメリカ人部隊の442ndが解放をした場所でもある。

 

 

ツアーデスクで英語のツアーに申し込む。

本当は日本人唯一の公式ガイドの中谷さんにお願いしたかったんだけど、ツアーではなく個人で行くにはアウシュヴィッツのHPから予約が必須で、今回は残念ながら直前すぎて予約が取れなかった。

 

英語ガイドのツアーは90%理解できたと思う。

内容は基本情報がほとんどで、ほぼ事前に調べたものと変わらなかった。

  

いざアウシュヴィッツを訪れたものの、なんだかあんまり現実的に感じられない。ダッハウの時と同じで、なんだか自分とはすごく遠い世界の出来事のように感じてしまった。

遠い国の遠い昔の出来事。本当にこんなことがあったのかな?

自分の生きてきた道を過去にひっぱても繋がっているようには思えなかった。

そんな自分に危機感を感じた。

 

 

でも、途中でユダヤ教徒の人とすれ違った時は心がチクリとした。

こんなに多くのユダヤ教徒の人を見たのはイスラエルに行った時以来。

彼らは一体どんな気持ちでここにいるのだろうか。

 

 

大量のメガネ、靴、くし。それから髪の毛。

髪の毛で繊維をつくるだなんて、一体誰が言い出したんだろう?

f:id:ryoko828m:20180730212831j:plain

いろんな展示があったけど、胃の奥がずしっと重くなったのは、

写真がずらーっと展示されている廊下。

全員丸刈りにされ、囚人として撮られた写真。

もちろん誰の顔にも表情はなく、ただレンズを見つめている写真。

これが、人生で最後の写真で、その後も残っていく写真なんだと思うと気分がひどく滅入って目眩がしそうだった。

f:id:ryoko828m:20180730212902j:plain

 第一強制収容所の後は、第二強制収容所(ビルケナウ)へ。

f:id:ryoko828m:20180730212915j:plain

ヨーロッパ各地から連れてこられたユダヤ人たち。

ここでは医者による選抜が行われ、働けるものは収容所へ、働けないものはガス室に送られたそう。

f:id:ryoko828m:20180730212933j:plain

 

「彼らが歩いた先に待っているのは死だけでした」というガイドさんの言葉を聞いた後、皆でその道を静かに歩いた。

 

ふと、スペイン巡礼時の記憶が蘇る。

歩くこと自体が楽しくて、歩いた先はいつも温かい場所だった。

 

 

 

ナチスの作った強制収容所を2箇所訪れてみた正直な感想は、

人って怖いな。ってこと。

もう少し言うと、人の信じる力が怖いって思った。

当時のナチスも、現代のテロリストも別に自分たちが間違ったことをしているなんてことは1mmも思ってなくて、自分の中の正義を貫いただけなんだと思う。

残虐なことを悪意を持たずにできてしまう怖さ。

客観性を排除して、閉鎖的な思想を盲信してしまう危うさを、誰もが持ってるのかもしれない。自分がそうならないため、社会にそれを生まないためにに出来ることとは。

それを考え実践することが、歴史から学ぶということなんだと思う。

 

 

それでは今回はこの辺で。

夏だし、平和や戦争について考えたいよね。

 

おとぎの国からこんにちは!チェスキークルムロフ🇨🇿

こんにちは!

今日も暑い、暑いですね。

手ぬぐい×保冷剤を首に巻くスタイルでパソコンに向かってます。

 

小学校の先生がよくタオル首に巻いていて、

「先生はタオラーだから!」って言ってたのが何故か当時めちゃくちゃカッコよく感じたから、それ以来私も首にタオル巻きがち。そしてもちろん手ぬぐいも。

 

!!!手ぬぐい!!!

私としてはめちゃくちゃオススメしたい旅アイテムです。

 

タオルでえ〜や〜んと思ったそこのアナタ、手ぬぐいはタオルと比べて

かさばらないし、すぐ乾く。しかも使えば使うほど、柔らかくて肌になじむ。なんだか愛着すら湧いてくる。

そして何より今から約1300年前の奈良時代から使われていたという、

ジャパンなカルチャーなわけですよ!

旅先で外国人とのコミュニケーションに一役買ってくれること間違いない!買ってもらったことないけど!笑

 

 

それではブログ、いってみようと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:ryoko828m:20180723112243j:plain

 

あら素敵なところ〜〜!と、オカンも興味津々になったこの場所は、

チェコ共和国チェスキークルムロフルネッサンス様式の建築物が多く残されていて、世界文化遺産に登録されている街なのです。

 

ドイツからの夜行バスで首都のプラハで乗り換えてからチェスキークルムロフに。

いつのまにかドイツからチェコに国境を越えていてびっくり。

 

当時のメモ↓ 

チェコにきた!知らぬ間に!

プラハだったよwすっかり国境ふきんにいるとおもてたからびっくりw通りで英語が伝わらないわけだ。そしてユーロもおろせない!笑 カードで生きていけるかな~?

 

 

泊まったゲストハウスがとっっっっっっっっっっっても!良かった!!!

この旅で一番かも!

f:id:ryoko828m:20180723112353j:plain

f:id:ryoko828m:20180723112355j:plain

f:id:ryoko828m:20180723112400j:plain

f:id:ryoko828m:20180723112402j:plain

この可愛い地図がまた最高。

 

チェスキーでは主に町歩き。

f:id:ryoko828m:20180725091924j:plain

f:id:ryoko828m:20180725091930j:plain

f:id:ryoko828m:20180725091933j:plain

 

f:id:ryoko828m:20180725092046j:plain

f:id:ryoko828m:20180725091944j:plain

 

古い写真スタジオの博物館に

f:id:ryoko828m:20180725092151j:plainf:id:ryoko828m:20180725091943j:plain

 

それから現代アート美術館

 

f:id:ryoko828m:20180725091937j:plain

f:id:ryoko828m:20180725091939j:plain

f:id:ryoko828m:20180725091940j:plain

 

うわっっ!内容うっす!wwww

 

じゃあ最後にルービーの話。

 

チェコは国民1人あたりのビールの消費量NO.1!!! 

2016年の「キリンビール大学」のデータによるとチェコは24年連続国民一人当たりのビールの消費量第一位。1人年間140ℓ以上飲んでる計算になるんだって。

平均するとみんな毎日中ジョッキ飲んでるイメージなのかしら。わお!

f:id:ryoko828m:20180725092449j:plain

 こちら写真のGambrinusはおいてませんが、世界のビールが飲める旅カフェGIFT@下北沢、今日も15時からお手伝いです〜!

7月は25,27,31の夜と28のランチにおりますで是非みなさま遊びに来てください〜❤️

夏休みの宿題。。。。

こんにちはー!

先日山形より地元に戻って来ました。今日から楽しい夏休みです。←

万年夏休みみたいな生活をしていると不思議と労働意欲が湧いて来ます。

 

ということで、「下ネタ訪ねて3000里。色んな意味で世界を股にかけるセカマタPINOさん」が店長をする、

下北沢旅カフェGIFTで少しばから働かせていただくことになりました!

あと数時間ごには初出勤を迎えます!!緊張する~~~~笑

www.tabicafe-gift.com

 

私の余裕はないと思いますが、是非私を冷やかしに来てください。猛暑だけに!

 

世界のビールが飲めるんだぞ~!全米No.1クラフトビールの「ブルームーン」の生も飲めてしまう!!!熱帯夜にはブルームーンで乾杯だ!🍻

 

さて、大人の夏といえばビールですが、

子どもの夏といえば夏休みの宿題!

大人になりきれない私には人生の宿題が溜まりに溜まって、もう毎日夏休み最終日みたいな気持ちです。笑

 

でもね、悩んだってどうしたって仕方ないの!

目の前のことを避けては通れないの!

ゆっくりでもやるしかないの!!!

 

ということで、今まで目を背けてきたブログを必ずやこの夏に完結させます!

そして晴れ晴れしい気持ちで新学期、いや新生活をスタートさせたいと思っています。

高3の夏休みだと思って机に向かいます!!

 

 

それではそれでは、途中になっていたヨーロッパ編!

行ってみようと思います!!

スペイン巡礼終わってからポルトガルバルセロナを旅行し、フランスに入ってからは1ヶ月後にポーランドから飛ぶ飛行機に乗るため、

それに合わせてめちゃんこ駆け足でヨーロッパを駆け抜けました!

こんな感じでブログも駆け抜けたイーーーーーーー!(つまり内容が雑になる可能性大)

 

f:id:ryoko828m:20180720122338p:image

 

こんな感じでポーランドまで突き抜けました!

イギリスは行くつもりだったけど今回はパス。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017.04.19ー20

フランスのブリュイエールを出て、フランス・ドイツの国境の町、ストラスブールでリヨンで食べ損ねたフランス料理(なんかイマイチだった。。)半日ほど観光した後、ドイツのフライブルグへ。(どっちかってゆーと、フレイブホォクみたいな発音)

f:id:ryoko828m:20180720120509j:plain

あんなところでデート!憧れる!

 

ドイツ初日の宿はええ感じに佇むコテージでした。

f:id:ryoko828m:20180720125845j:plain

しかもなんとスパ付きの。

さらには混浴。

 あ、あまりにも攻めすぎているぞ、、、ドイツ、、、、

 

ここで入ったら最高のネタになると思ったけど、

 

 

脱衣所でムッシュのプリケツを見たあたりで断念しました。

 

とゆーことで女性専用サウナを利用しましたとさ。笑

 

夜は同席したセバスチャンとトミーさんと乾杯。 

壁に貼ってあった巨大世界地図、欲しい!

f:id:ryoko828m:20180720125952j:plain

 

 

翌日の昼すぎにはもうバスに乗って出発しなければいけないんだけど、それまでにスペイン巡礼仲間のスワンと再会。f:id:ryoko828m:20180720120503j:plain

テスト前で忙しい中街案内をしてくれた。しかも私のリュックを担いでくれた😭

スワンはフレイブルグの大学院に留学中で都市開発や環境問題について勉強している。

本当にexcellentな英語を話すから、一緒にいてめちゃ勉強になる!

 

f:id:ryoko828m:20180720120801j:plain

 

 

f:id:ryoko828m:20180720120506j:plain

 

f:id:ryoko828m:20180720121024j:plain

綺麗な街だったな〜〜〜

 

さあそして、お見送りをしてもらって、ミュンヘンへ。

ドイツ人にミュンヘンって言っても伝わらず。。。ミュンシェンと言っていたー!

 

f:id:ryoko828m:20180720130311j:plainミュンヘン駅の線路の多さにびっくら!!

鉄道好きの子どもが来たら大はしゃぎだね!

 

ゲストハウスにチェックインした後、

 

米食べたい欲が大爆発!!

 

米を求めてアジアンレストランを探しに。

 

 

「ライス、大盛りでお願いしまーす!!!!」

 

 

https://www.instagram.com/p/BTHlPbGhhol/

夢にまでみた白米!最高!米の甘さ最高!アメリカ留学中は食べなくても全然へーきだたのに、年取ったのかしら。毎日食べても飽きない!食べないと禁断症状でる!そんな米のような女に私はなりたい。あ、今ドイツです:)相棒は故郷に帰れて喜んでるはず。。♡ドイツ人オススメビール飲んでぐっすり寝んべ。ちなみにレストランはベトナム人のご夫婦で陽気で可愛い奥様でほっこり。久ひざのフォーチュンクッキー!我慢が身を結ぶと書いてあるけど、、最近我慢特にしてないけどな〜なんだろう!恋の予感?!笑#ドイツ#ミュンヘン#世界一周中 #世界一周 #晩酌#ビール#米#白米大好き

 

テーブルクロスの癖は強めですが、美味しくいただきました。

奥さんがすっごく元気でチャーミングですっかりファンになって次の日もやって来ました。

 

「ライス、大盛りでお願いしまーす!」

 

f:id:ryoko828m:20180720120533j:plain

f:id:ryoko828m:20180720120534j:plain

 ぶれちゃったけどこの写真お気に入り〜

 

それでは今回は軽〜くこのへんで🙌

それでは!下北行って来まーす!

きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待っている

久々のブログ更新なのに恐縮ですが、クイズです!私は今どこにいるでしょーーう!

 

なんでもクイズ形式にする女は嫌われると聞いたことがありますが、私はクイズ大好きです!笑笑

 

ヒントはブログのタイトルです!

歌の歌詞です!

 

 

 

正解は

 

 

🏔🏔⛰⛰⛰⛰🏔🏔🏔⛰⛰⛰⛰🏔

 

 

山形県です!

 

🏔🏔⛰⛰⛰⛰🏔🏔🏔⛰⛰⛰⛰🏔

 

 

 

タイトルの歌詞はスピッツのチェリー🍒

🍒といえば日本一の生産量(75%)である山形県!!!

 

6/14より山形県の真ん中に位置する河北町にきています。360度山に囲まれていて、見渡す限り、山山山!です!美しい!!!

 

 そして、想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってました。

 

なんと私、、、、

 

 

山形デビューをしてしまいました!!!!!!!🤣🤣🤣

 

 

 f:id:ryoko828m:20180624193557j:image

山形新聞さん

 

f:id:ryoko828m:20180624193744j:image

農業新聞さん

 

f:id:ryoko828m:20180624193749j:image

朝日新聞(山形版)さん

 

 

 f:id:ryoko828m:20180625223924j:image

 

読売新聞(山形版)さん

 

  

特に山形新聞さんが、山形に来た経緯などとってもよくまとめて下さっているので是非是非熟読してください🙏🙏🙏✨✨✨

(決して自分でブログを書きたくないためではないよ!!)

 

そしてきわめつけは

山形TV‼️

ついに私も地上波に登場だぜー!笑

夕方のニュース番組、ゴジダスで取り上げてもらっちゃいました!

 

📺下のリンクから見れるよ!!📺

youtu.be

 

 

 

人生何が起こるか本当わからないわ~

をまたも実感。

 

てかやっぱどの角度から見ても可愛い芸能人てすごいんだね。。パンピーなんてこんなもんなんだね😇😇😇反省してこれからは自分のセルフイメージをさげて生きていこうと思います😇😇😇

 

 

————————————————————-

記事にも書いていただいている通り、

話はさかのぼること今年の3月。

ざわわ宮本の沖縄出稼ぎ生活も終盤に差し掛かかった頃、JA山形の職員さんがさくらんぼ収穫の人手不足ということで、求人活動に製糖工場を訪問。

 

 

山形で働けば、

 

さくらん食べ放題🍒

♨️温泉天国♨️

 

職員さんの言葉が上記のように脳内変換されたことにより、あ~もうこれは行くしかないな。。。と。

聞けば山形県は各市町村に温泉があるという温泉王国らしく、銭湯・温泉大好きな私は興味津々。完全に心惹かれてしまいました。 

県外から人を募集するのは初めての試みらしく、それはそれで面白そう!!!

 

そしてその結果がまさかの山形デビューに。笑

山形来て4日目の出来事でした🤣

 

 

そんなこんなで🍒と♨️の山形生活をめちゃんこenjoyしてます。

f:id:ryoko828m:20180624194558j:image

 

 

🍒山形さくらんぼ日記🍒Cherry picking in Yamagata🇯🇵6/15から山形県の河北町の農家さんにお世話になってさくらんぼ収穫してます👩‍🌾さくらんぼが美しい。本当に美しい。そして味はもちろんめちゃめちゃおいしい!🙏💕💕山形の農家さんは猫の手も借りたいくらい人手不足なんだって😭みんなきたらいいのにーーー!!!♨️天国🍒天国ほんで山形弁がまじで萌える。#出稼ぎ日記 #山形 #河北町 #山形弁 #季節労働 #さくらんぼ狩り🍒 #yamagata #seasonaljob #バックパッカー女子 #girlsbackpacker #unknownjapan #workinginjapan #農業女子 #農業ガール #workaway #バックパッカー#旅行好きな人と繋がりたい #世界一周

https://www.instagram.com/p/BkMTzfRnJhf/

🍒山形さくらんぼ日記🍒昨日と今日はさくらんぼの仕分け🍒こんな可愛い、とーなーり同士アナタトワタシサクランボwith葉っぱは出荷NGらしく、悲しきかなお別れして頂きます。笑大好きな友達もお世話になった人、ほんで研修中の弟もいる大阪が心配。。。 #農業女子 #unknownjapan #農業ガール #workinginjapan #バックパッカー女子 #yamagata #山形 #河北町 #援農#さくらんぼ #さくらんぼ狩り #縁農

  

もぎたてさくらんぼの美味しさといったらもうね!

控えめにいっても”最高!”以外の何ものでもないです。

お世話になっている農家さんは4世帯で暮らす大家族。

みなさんとーーーーーーっても良くしてくれて毎日感謝感謝の連続です🙏💕💕

 

https://www.instagram.com/p/BkP20jFH1WK/

🍒山形さくらんぼ日記🍒ごはんがうまい!!わたしの大好物、ごはん!お米はJAの方が下さった#厳選つや姫 🌾✨✨ほんでばーちゃんがくれた産みたて卵🥚✨✨卵かけご飯が最高のご馳走🙏💕💕いつもいつも気にかけてくれるばーちゃんは、品があってお茶目で好奇心旺盛でめちゃくちゃキュートなの。でも山形弁がわからなくて大変😂山形弁おぼえたい!#山形 #山形県 #河北町 #援農 #縁農 #さくらんぼ #さくらんぼ農家 #農業女子 #バックパッカー女子 #世界一周 #日本を旅する #旅するように暮らす #旅するように働く #方言らばー#卵かけご飯

 

https://www.instagram.com/p/BkUrrl7HCaG/

はあー。山形が美しい。田んぼ美しい。お野菜はお世話になってる鈴木先生の家庭菜園🙏💕💕ホントーにどこへいっても色んな人の優しさを頂いております。私も畑やりたいなー。あと小屋作り。小屋作り。小屋作り。#山形 #yamagata #河北町 #unknownjapan #ricefield #田んぼ #ちゃりんこ #旅行好きな人と繋がりたい #旅するように暮らす #旅するように生きる #バックパッカー #援農 #縁農 #河北町

 

https://www.instagram.com/p/BkfI7icn5j_/

お世話になってる農家のじーちゃんが毎日通う海老鶴温泉♨️に連れてってもらた🙏💕💕加温•加水なしの天然掛け流し!じーちゃんは毎日通って毎日温泉飲んでるんだってーー!そうなの!飲めるの!私ものんできた!お風呂から上がってもう1時間たつのにぽっかぽか〜♨️はあ〜最高。肌も髪もツルピカー!ペッペッペノペー!#温泉 #山形 #河北町 #yamagata #yamagatagram #さくらんぼ #さくらんぼ狩り #援農 #縁農 #温泉大好き #旅するように暮らす #旅するように生きる #地方移住

 

🍒と♨️、そして町営のプール🏊で神奈川に戻る頃セルフイメージをあげられる程美しくなっている予定!!😎めちゃくちゃキュートな響きの山形弁もマスターしたいけどこれは難易度かなりたかめ!! 🤣

 

山形生活も慣れて来たので旅ブログも再開せねばーーー!んだんだ!

はいさ〜い、からのアロハー!🌺🤙

ざわわ~

ざわわ~

ざわわ~

 

南の島からこんにちは。本編を脱線してリアルタイムをお届けいたします。

 

~沖縄をざわつかせに。

ざわわ宮本の沖縄出稼ぎ日記~

 

を世界一周ブログの息抜きに書こうとしてから早4ヶ月。新年どころか新年度もまたいでしまいました。

この春から新社会人になる宮本家最後の希望、The Last Hopeである弟のオーシェイ宮本からは、

「ばあちゃんにさ、りょうちゃんみたいにはなりなさんなって言われた」と告げられたの今でも引きずってます。。。ずん。

弟の先輩もしくは上司を紹介してもらってあわよくば駐在妻ってゆー、一発逆転シンデレラストリーに期待してる。💍

 じゃあここでいきなり自己PRをどうぞ!!

 

「えっと、得意料理は卵焼きと唐揚げ、それから伊平屋島で覚えたもずくの天ぷらです♡

陸上ならどこでも楽しく生活する自信あります♡♡♡」

 

www.youtube.com

  

さて私の方はですね、ブログを読んでくださっている皆様はご存知の通り、12月から沖縄の伊平屋島にある製糖工場にて今はやりの工場女子をやってました。前職といい、なんだか工場に縁があるようです。

 

てことで、

 

 

はいさーい!🏝

 

 

と言いたいところですが、、、

 

アロハーーー!🌺🤙

 

 

と言わせてください。ぐへへ。

 

そうなんです、私は今ハワイでワイワイしてるんです。わーいわーい!🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌

 

f:id:ryoko828m:20180405184239j:image

f:id:ryoko828m:20180405184259j:image 

f:id:ryoko828m:20180405185937j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3/27に島でお見送りをしてもらいました。

大自然に囲まれながら生活をすることがこの上なく贅沢で、

晴れた日の登る朝日を見るたびに、

「あ~!今日はきっと最高の日になるに違いない!」と感じていました。

天気が良いだけで、本当に心から最高って思える。

体が喜んでいるのを感じる。

パワーあふれる素敵すぎる島を離れるのは本当に寂しかったです。

https://www.instagram.com/p/Bg06SxYhjAl/

ありがとう伊平屋島🏝息を飲むくらい美しい大自然と優しい優しい島人、それからおもしろい季節工のみんなと生活した、最高の出稼ぎ生活となりました!とっても愛に溢れた島でした!たくさんの愛をもらいました!あー!伊平屋最高やっさー!!!次は遊び道具をしこたま仕込んで来ますーー🙏それからカメラの腕もあげて、島の大好きな人達の写真をとるぞーい!#絶賛伊平屋島シック#那覇の大都会ぶりにおそれおののく#すっぴんジャージが1番落ち着く#あーー島に帰りたい#感謝感謝感謝🙏

 

那覇で一泊して翌28日、午前中の便で那覇から神戸へ。スカイマーク、最強だわ。プラス1000円で30kgまでなら荷物預け放題!神や!

 

島が見えるかもと予測してとった右の窓側。予想は大当たりで愛しの伊平屋島を空から見ることができました!くうううううううう!

 f:id:ryoko828m:20180405184708j:image

そして神戸に上陸!大阪を目指します。

ちゃっかり先輩に送ってもらいました!てへ。

 

大阪ついたら弟のお祝いを物色。スウェット×マウンテンパーカーとゆー、私はアスリートなんですドヤ!🏋️‍♂️‍♀️スタイルでDAIMARUの紳士服フロアをウロウロしていたのは私です。

ウロウロにも疲れてベンチに座っていたところにさえポンがお迎えにきてくれました!さえポンは、世界一周中にアメリカ横断🇺🇸を一緒にした旅仲間。そしてさえポンファミリーのことを私は一方的に大阪の実家だと思っている、大好きすぎるお友達なんです。

 

久々の都会に大興奮して買い物おばさん化する私に根気強く付き合ってくれて本当感謝。

そして、さえポンパパのお誕生日🎂🎉👨👏

にお邪魔させてもらい、さえポンママの美味しい手料理!あー角煮たべたい。

 

ほんで、大阪といえば銭湯!♨️でアドレナリン出まくりで興奮続きの体を休めました。

いきなりですが、私、番頭になりたいんです。♨️小学生の頃、図書館で銭湯図鑑的な本を読んでえらい刺激をうけて、将来は海外で銭湯ビジネスをやりたいです!ってなんかの授業で発表した記憶あり。

思わずおばちゃんに、「後継ぎいるんですか!?」と聞きました。

 

https://www.instagram.com/p/BhA63SUBy9K/

弾丸大阪滞在29hours!伊平屋島をでてから24時間後には古巣?大阪に。一度も自宅に帰らずにハワイに飛べたのは大好きなさえぽん、さえぽんファミリーのおかげです😭😭😭2年ぶりにお目にかかる桜は今までの人生で1番綺麗でした!#背割堤京都でさくらなんて本当に最高!!🌸🌸🌸#久々の都会に買い物おばさん#安藤家の大黒柱おさむさんバースデー#かなちゃんとスタバで朝活できるOL体験をするフリーター2人#今日から大阪に入寮する弟をさえぽんにご紹介#外国人観光客に紛れて京都駅で荷物整理#さえぽんのダーリンがステキな人すぎてびびる#さえぽんと人生変わりたい#横綱のラーメンを小にしたことを未だに引きずる諦めの悪さてことで、ハワイだワーイ🙌LCCだけど、隣がいなくてくそ快適なフライトでした✈️#背割堤#ハワイだワーイ#桜本当に最高すぎる大阪滞在だったよーーーう!

 

てことで、29日の夜便でハワイに飛びましたー🌴

 時差の関係で29日の朝を再び、ハワイはオアフ島で迎えました🌞

 

ここでまさかの入国審査に引っかかるトラブル発生。

 

別室にご案内~

独身さんいらっしゃ~い!🙋‍♀️

 

 

何しにハワイに?

仕事は何してたの?

 

とここまでは許せる。

 

なんで仕事やめたの?

帰ってから仕事はあるの?

あなた、結婚はしてるの?

 

おーい!むやみやたらに繊細なアラサー独身ニートを傷つけるな!😂😂😂

 

 

心はズタボロだけどなんとか入国はさせてもらいました。

 

あらやだ。なんだかんだハワイに来て1週間たちました。はや!!!!!

 

物価の高さ、とゆーか、部屋代が高くて心がさもしくなっているのはやっぱり無職ということがでかいでしょう。

仕事がないって本当に不安!笑笑

てことによーやく気がついた!笑笑

 

「働きながら新しい土地に一定期間住む」とゆーのが今年のテーマです。

 

てことで、仕事決まりました!\(^o^)/

 

ワイ島のヒロにあるホテルで1ヶ月働きます!

と言ってもお給料は出ないのですが、代わりに寝床と食事を提供してくれる、work exchangeとゆー仕組みを利用します!

woofooとかhelpx、workawayがありますが、私は今回workawayで探しました!!

 

4/8から働きまするーーーー!ドキドキやーーーーーーーーーーん!

英語に不安ありですが、開き直って思いっきり吸収してこようと思います!!!!!!!どすこーい!!

 

12月から南の島続きで季節感が全くないですが、今年度もぶっ飛ばしていこうと思います!!!!!!

 

皆様今後とも、どうぞ根気強くブログの更新をお待ち下さい🙏🙏🙏

 

 

 

 

Go For Broke! 442ndが救った町、フランス・ブリュイエール③

フランス、ブリュイエール編は今回がラストになります。①②と是非お読みください🙏

 

Go For Broke!は442ndの合言葉であり、

「当たって砕けろ」

「全力でぶつかれ」 の意味。

 

ハワイでは、サイコロ🎲博打の時で

「有り金ぜんぶ、ぶちこんだれー!」

の意味で使われていたそう。

 

 

 2017/04/18
翌朝、昨日はしまっていた町の観光案内所へ行くと、442ndのパンフレットがもらえた。 せっかくここまできたのだからと思い、予定を変更してもう一泊することにし、マウンテンバイクを借りてヴォージュの森に行くことにした。

 

 f:id:ryoko828m:20180322170948j:image

f:id:ryoko828m:20180322171247j:image
ヴォージュの森を自転車で駆け抜ける。

f:id:ryoko828m:20180322171109j:image

f:id:ryoko828m:20180322171110j:image

右も左も背の高い、深い森。

 

彼らはここを通って、ドイツ軍に包囲され、身動きの取れなくなっているテキサス大隊の
救出に向かったんだな。。。

  

昨晩ネットで見たNHKのドキュメンタリー番組中の言葉が思い出される。

それは、従軍牧師として442ndと共に戦地へ赴いたヒロ・ヒグチさんの言葉。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

果たして今回の戦争は意味があったのだろうか

 

一歩進むごとに

 

泥とホコリと雪と


地獄を垣間見る


我々の勝利は血にまみれていることを知ってほしい

 

おびただしい命が失われた戦争は


戦後より良い世界を築かない限り意味がなくなってしまう


民族に関係なく
人間性のみが大切にされる世界を


私たちが作っていかなければならないと思う

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

民族に関係なく、

人間性のみが大切にされる世界。

 

生まれや育ちに関係なく、

人間性のみが大切にされる世界。

 

あらゆる”違い”に関係なく、

人間性のみが大切にされる世界。

 

多様性を認め合う世界。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回ブログの冒頭にも書きましたが、 今まで、どうして自分は日系アメリカ人の歴史にこんなに興味が湧くのかはっきりと言葉に表せませんでした。
だけど、ヒロさんの言葉を改めて振り返ると、なんとなくですが散らばっていた点が線になる感覚がありました。


私にとって442ndが永遠のヒーローなのは、 多様性を認め合う世界への道を、命と引きかえに切り開いてくれたと思うからです。


相変わらず頭の中はごちゃごちゃして、思うこともあるのですが、言葉にできないので今回はこの辺で。


読んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。

 

最後に、私の見たNHKの番組情報を載せておきます。

 BS1スペシャル 失われた大隊を救出せよ〜米国日系人部隊 “英雄”たちの真実 後編 1101 201703191900 - Video Dailymotion


442ndの名前を全米に轟かせた、ヨーロッパ戦線におけるテキサス大隊、通称”失われた大隊”の救出の内容がとてもわかりやすく映像化されている、素晴らしいドキュメンタリーです。さすがNHK!!という感じです。

Go For Broke! 442ndが救った町、フランス・ブリュイエール②

フランスの山奥の田舎町🌲

ブリュイエールにある442ndの記念碑を訪れた、前回ブログの続き。

f:id:ryoko828m:20180319163410j:image

The 442nd Regimental Combat、442nd(フォーフォーセカンド)は私たちと同じ日本人を祖先に持つ、日系アメリカ人のみで構成された、 アメリカの陸軍部隊です。日系アメリカ人とは、日本から移民としてアメリカに渡った人々の子孫を指します。日米のハーフではありません。

 

今回のブログでは、日系アメリカ人の歴史、442ndの誕生について書いていこうと思います。

 

本編に入る前に私の心のうち(更新が遅いいいわけ)も記録として残しておこうと思います。

 ————————————————————


今回のブログは何度も書いては消して書いては消してを繰り返してました。多分ブログ書き始めてから1番頭を悩ませてました。

 

442nd、日系アメリカ人の歴史について多くの

人に知ってほしいという気持ちと、どうして知ってほしいのだろうか、そもそもなぜ私は日系アメリカ人という人たちの歴史にこんなにも心惹かれているのだろうか。。。

 

そんなことを考えながらパソコンに向き合うと、書き出す言葉があっちにいったり、こっちにいったり。


真面目3のおふざけ7のりょん日記ですが、 こちらは真面目3の中の3くらいにはいるんじゃないかと思います。 卒論も引っ張り出してきました。笑


最初は、歴史の概要はウィキペディアとか他のサイトにも書かれているんだし、私が書く必要はないかもと思っていたのですが、ブログを読んでくれている人に自分の言葉でわかりやすく伝えたいと思ったので、日系アメリカ人、442ndの歴史の概要をここに書き留めておくことにしました。細かい話はのせてないのですが、大まかに日系アメリカ人の歴史を知っていただきたいと思います。

 


長いので、一気に読まなくてもいいです。だけど、最後まで読んでいただけることを願って書きました。

 


それでは、宜しくお願いします!

 —————————————————————


そもそもなぜ移民に?
日本人にとって、一番最初の移民先はハワイ王国時代のハワイ。 1868年に初めて、出稼ぎ移民たちが海を渡りました。


1800年代前半のハワイは捕鯨に変わって砂糖きびプランテーションを新たな産業基盤にする動きがあったものの、人手不足。

なぜなら欧米人が文明とともに持ち込んだ疫病で原住民のネイティブハワイアンの人口が激減していたから。

一方で、当時の日本は飢饉や凶作によって求職者に溢れていました。


労働者不足に悩むハワイと”求職者で溢れる日本。 互いの利害が一致したことで1885年にはハワイ政府と日本政府とで官約移民制度がスタートしました。

 

 

ハワイでひと稼ぎして、故郷に錦を飾ろうではないか、、、!!

  
新天地に夢を抱きハワイに渡った日本人たちを待ち受けていたのは想像を絶する過酷な労働。


絶え間無く照りつける太陽のもと、ルナと呼ばれる監視役に叱責されながら一日9時間以上サトウキビ農場で働きます。

また、住環境が整っているわけもなく、掘っ立て小屋での共同生活が続きました。


当初、ハワイにやってきた彼らは、日本に仕送りをしながら自分も帰国をするつもりでいました。しかし、厳しい労働環境の中、帰国資金の工面が困難であるとわかるとやがて定住を決意し、ハワイに日本人コミュニティを発展させていきます。 独身男性が中心だった初期の移民たちは、日本から家族を呼び寄せたり、写真花嫁の制度 を使い家庭を築いていきました。

 

1898年にハワイ王国アメリカ合衆国に併合されたことで、日系移民の支配者がハワイから”アメリカ”に変わります。 そして、ハワイよりも賃金水準の高いアメリカ本土(ハワイに対してアメリカ本土。 mainlandって呼んでる)に4万人近い日本人が転航しました。


本土に日本人移民が短期間で殺到したことはアメリカ人にとって”仕事を奪われる”という脅威的な印象を与え、それはやがて恐怖となり差別、排斥運動を生み出します。

また、それまでアメリカ本土で差別を受けていた中国人移民の差別をそのまま引き継ぐような形とな りました。 白人至上主義のアメリカ社会では黄色人種であるだけで差別の対象となったのです。 日本人は「帰化不能外国人」に分類され、さらに「外国人土地法」によって土地の所有も 禁止されました。 1924年には排日移民法が成立、日本からアメリカへの渡航が完全にシャットアウトされます。

 


日系2世の誕生
アメリカの国籍法は、”出生地主義”を採用しているので、両親の国籍に関係なく、アメリカ の地で生まれた子どもは全員アメリカ国籍となります。
つまり、例え帰化不能外国人に規定されている日本人であっても、子どもがアメリカで生まれた限り子どもはアメリカ人。そして同時に日本人でもあります。 それは、日本の国籍法が”血統主義”を採用しているから。日本からハワイに渡った日本人は、決して日本国籍を捨てたわけではないので、もちろんこの法律は子どもに適用されます。

 

*日本から海を渡った人たちを日系1世と呼び、その子どもを日系2世と呼びます。


彼らを総称して日系人、日系アメリカ人と呼びます。

—————————————————————

ちなみに、今生きてる2世の平均年齢はおそらく90歳を超えているかと思います。私と同じアラサー世代はもう4世、5世で、外見こそ日本人であるものの、マインドは完全にアメリカ人で日本語を話す人もほとんどいません。

————————————————————

 

2世たちはアメリカ人なのでアメリカの公教育を受ける権利があり、普通に地元のアメリカ人クラスメートと一緒に学校に通います。第一言語は英語であり、 民主主義や合衆国憲法を学びました。しかし、住んでいる場所は日本人コミュニティであり、1世の両親との会話は日本語。加えて、日本人の恥にならないようにと、日本人の伝統的価値観のもとで育てられました。

  
現代に当てはめると2つの国の言葉と文化の中で生まれ育つなんて、なんだか羨ましい気さえします。では、2世が生きた時代とは一体どんな時代だったのでしょうか。

 


日米開戦

ハワイ、そしてアメリカ本土の日系人社会において2世が人口の6割という大多数を占める 時代、それは1940年代です。

 

1941年12月7日(日本時間8日)の日本軍による、ハワイの真珠湾攻撃によって日本とアメリカが戦争に突入。 

 

真珠湾攻撃直後には”日本のスパイ”容疑をかけられ、日系人社会のリーダーたちはFBIに逮捕されます。


強制収容所
日米開戦後1942年2月19日、ルーズベルト大統領が大統領行政命令 9066号 に署名したことで、アメリカ本土の日系人の強制立ち退き・強制収容が決定します。 

行き先もわからぬまま、持ち物は1人たった1つのスーツケースに制限され、残りは全て売るか処分するしか方法はありませんでした。

日系人の農場、 財産を預かってくれる人はなく、足元をみて売値を叩いてくる白人たち。

そして、失意の中たどり着いた場所は、人が住めないような砂漠地帯のバラック小屋。 有刺鉄線に囲まれた敷地内は常に高台から監視されていました。 「日系人を他のアメリカ人差別から保護するため」なんていう政府の言葉とは裏腹に、監視員の銃口は常の柵の中に向けられていました。

1家族1スペース。別の家族とは布一枚で仕切られるような環境。 共同のトイレ・シャワー・食堂は常に長い列ができて混雑をして混乱していたといいます。

 

アメリカの敵国であるドイツ系やイタリア系アメリカ人も”適正外国人”(戦争をしている相手国やその国出身者)には変わりありませんが、財産没収や強制収容をされることはなかったことから、日系人への人種差別があったことは否定できません。


一方、ハワイの日系人は一部を除いては収容されることはありませんでした。 というのは、当時日系人は全ハワイ人口の約4割を占める最大のエスニックグループであり、収容する設備の問題に加え、ハワイ経済に大打撃を与えることが目に見えていたからです。


442nd

前置き、というか予備知識のための文章がずいぶん長くなってしまいました。 ようやく、前回ブログとつながる442ndの話に入っていきます。


日米開戦直後、2世たちは「徴兵不可外国人」に分類されたことで、徴兵資格を失います。

ハワイの日系人は収容所行きは免れたものの、差別や偏見の目に晒されているハワイの2 世たちは、自分たちは米国市民であることを証明しようと労働奉仕という形で積極的な軍事協力を行います。生まれ故郷ハワイが襲われたにもかかわらず、何もできない状況に我慢ができなかったというのも事実でした。


2世の働きをみていたハワイの防衛司令官はアメリカ本土の陸軍省から戦前にアメリカ軍の正規兵 として従事していた日系人の退役勧告を拒否。さらに、日系人のみで構成した部隊を編成し、本土のウィスコンシン州に送り込みます。これが、442ndの前身とも言える、第100歩兵大隊(The 100th Infantry battalion:ワンハンドレッドバタリオン:100大隊) です。

100大隊は知能、 実技試験共にどこの部隊よりも優秀な成績をおさめたことで高く評価され、陸軍省は更に 大規模な日系2世の陸軍部隊の結成を計画。

 

1943年1月、アメリカ本土の強制収容所で生活をする二世3000名とハワイで暮らす二世 1500名の志願兵募集を決定しました。
ハワイでは真珠湾攻撃直後から積極的な軍事協力を行う日系人の姿が目立ったことから容易に想像できるように、日系人の志願兵募集が発表されるやいなや、募集人数1500人を大幅に超える1万人近い2世が徴兵局に殺到。およそ、5人に2人の2世男子が志願しました。


一方アメリカ本土ではハワイと志願兵募集時の様子が全く異なります。アメリカ本土では 募集人数3000名を下回る1182名の応募しか得られませんでした。志願資格のある本土2世男子はハワイ2世とほぼ変わらない人数にも関わらず、このような違いを生んだのは間違いなく強制収容所が原因です。
日系人強制収容所の生活を強いられてから約 1年が過ぎた1943 年2月から3月にかけて、
「忠誠登録」と呼ばれる思想調査が17歳以上の男女全員 に対して行われました。忠誠登録 の目的は不安因子の把握、 徴兵のためのスクリーニング、そして 442部隊への志願兵募集でした。 生年月日、職歴、外国能力など全28問からなる思想調査が「忠誠登録」と呼ばれる所以 は、問27と問28にありました。


問27

あなたは命令されればどこであろうとすすんで、米陸軍兵士として戦闘任務につきま すか?


問28

あなたは、アメリカ合衆国に無条件で忠誠を誓い、外国または 国内勢力のいかなる 攻撃からもアメリカ合衆国を忠実に守り、日本の天皇や他の外国政府、勢力、組織への忠 誠や服従を拒否しますか?


本調査より事前に発表されたこれらの質問は収容所内を混乱させ、 日系人同士の間に既に存在していた対立関係を一気に表面化させる結果を招きます。


日本の正義と日本の勝利を信じる忠日派
アメリカの勝利と民主主義の正義を信じる忠米派


友人・親戚・親子の間で意見が分かれる事も珍しくなく、所々で争いが起こるようになります。

 

 

 


日系人の存在を無視した真珠湾への奇襲攻撃。


民主主義国家における、

財産没収、強制収容という現実。


戦争が生んだ現実は、信じたいものを容易には信じさせてくれない状況を作り出しました。

 


両親の生まれた国、日本。


自分が生まれ育った国アメリカ。


自分がアメリカ人であることを否定されている、収容所での生活。。。

 


大なり小なりの葛藤の末、志願を決意した本土2世たちに共通している想い、それは、志願兵として戦場に行くことが、アメリカへの愛国心と忠誠心を示すことであり、アメリカ社会において認められる唯一の方法であるということでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


誰よりも強い決意で戦場(ヨーロッパ戦線)に向かった442ndは、死傷率 314%という甚大な犠牲と引き換えに、名誉勲章(Medal of Honor)をはじめアメリカ陸軍史上最も多くの勲章を授与された最強の部隊として後世に語り継がれる存在となりました。

 

 終戦後に唯一大統領から直接出迎えられた442ndがトルーマン大統領から送られた言葉が、彼らが何のために戦ったのかを改めて教えてくれます。

 

 

“you fought not only the enemy, but you fought prejudice—and you won”

 

「君たちは敵と戦っただけでなく、偏見と戦いそして勝ったのだ。」