読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょん日記

世界一周、はじめました!くう〜。

ダハブ、最高だったぜ!

"おことわり"

 

この度ダハブに関連するブログを書くに当たり、多数の方から「彼氏ができたの?」

「恋の行方は?」という質問を受けましたが、このような質問は極めて個人的であり、受け取り方によってはセクシャルハラスメントに抵触する恐れがあります。また、ダイビングは原則、ウェットスーツを着用して行うため、本人の水着姿の写真は一切掲載しておりません。これらの内容を理解して頂ける方のみ、引き続きブログを楽しんで頂きたく存じます。何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 f:id:ryoko828m:20170430055924j:image

なんつって!♡

 

 

いや〜今思い返してもダハブの日々は平和で穏やかだったわ〜。

(1月16日〜24日まで滞在)

 

特にネタになるような事件もなく、壊れたサングラスで無理やりネタを作る始末。

https://www.instagram.com/p/BPo32ugj4Rf/

悲報:サングラス壊れましたからの、視力検査はじめました#一番上のやつもみえません#サングラス#視力検査#エジプト#ダハブ#おふざけ#sevenheaven#恋するダハブ#世界一周 #バックパッカー#イキってる写真

 

ダイビングを中心にだけど 

空き時間はカフェで筆記試験の勉強したり、

f:id:ryoko828m:20170430041456j:plain

エジプトのB級グルメのコシャリを食べたり、

f:id:ryoko828m:20170430041532j:plain

なんとご飯とスパゲッティミートソースのコラボ!何これーーーー!って思ったけど、味は中々美味しい!そば飯的な感じだね! 

 

宿のみんなでご飯食べいったり、

f:id:ryoko828m:20170430044952j:plain

初シーシャ体験したり、

f:id:ryoko828m:20170430041536j:plain

ウェットスーツの洗い場に何度も投げ込まれたり、

f:id:ryoko828m:20170430051255j:plain

星を見にいったり、

f:id:ryoko828m:20170430062635j:plain

リア充ぶってみたり。f:id:ryoko828m:20170428082324j:plain

 

そんな毎日♡

 

そうそう!

バンコクの宿で見かけたSHIORIさんと再会!すごく感じのいいお姉さんだったから一言二言しか交わしてないけど覚えてましたよ! 

 

これからイスラエル、ヨルダンに行くとのことだったので、

神こと、かめかわさんから授かったバイブルを手わたすことに。

 

ryoko828m.hatenablog.com

 

f:id:ryoko828m:20170430041530j:plain

このことを神へ連絡すると、こんな素敵な返信を頂いた。

 

地球の歩き方は、次の旅人に渡してもらえれば文字通り、「本望」です。”


さすが国語の先生、、、!!粋だ!!!!

 

 

 

さて、

肝心のダイビング講習の方ですが、、、

 

浮遊テストで首が筋肉痛だし、水中でゴーグル外す練習では間違って海水飲み込むし、海の中は想像以上に寒いし、勝手に海面まで浮いてっちゃうし、、、

 

もう目開けて昼寝しちゃうくらいしんどかった!

 

f:id:ryoko828m:20170430045419j:plain

 

 

そうですね、ダイビング講習の総評としましては、

 

「これは、恋に落ちるわ」の一言に尽きるかと。

 

イケメンインストラクター・タケシさんは海の中を自由自在に移動。

トレーニングが1度で出来なくても何度も根気強く教えてくれる。

そして出来た時のハイタッチ!!!眼差しが優しさに溢れていたよ!

 

 

でも何が一番カッコ良いかって、重いガスボンベを1人で装着する姿!!!!!!これは見た人にしか伝わらないのがもどかしい。。くるリンパと同じ要領で前から抱えて、、、くるリンパ!ってやるの。

うん、知ってる☺︎マニアックよね☺︎

 

世界一周へ旅立つ前にに母上に言われた、

「旅という非日常に惑わされないように」

という言葉を何度も繰り返し平常心を保つ。

 

水中でドキドキしたら酸素なくなっちゃうからね!!

 

 

何はともあれ、無事に基礎であるオープンウォーターコース三日間終了!

そして2日間のアドバンスコースではは有名なダイブサイトである、ブルーホールとキャニオンへ!

 

準備中!

f:id:ryoko828m:20170430050807j:plain

今から潜るぜ〜!

f:id:ryoko828m:20170430050839j:plain

こちら水中でございま〜す!

f:id:ryoko828m:20170430050854j:plain

f:id:ryoko828m:20170430050920j:plain

f:id:ryoko828m:20170430050928j:plain

f:id:ryoko828m:20170430051021j:plain

超キモチーーーーー!!!

f:id:ryoko828m:20170430032725j:plain

 

 写真じゃ伝わりにくいのですが、海の中は本当にカラフルなお魚と珊瑚礁でいっぱい。

海の森って感じで、今まで見たことのない世界が広がってた。特に良かったのがナイトダイブ。夜の海は暗くて静かで昼間とは全く別の顔をしてました。すごく神秘的で終始ワクワクしていたのを覚えてます。

ダイビングを通して、地球は人間中心ってわけじゃないんだなという当たり前のことに気付かされた。自然は偉大だ。

そしとまた1つ、新しい世界の入り口を開けたような気がしてすごく嬉しくなった。

これからはダイビング目的に旅先を選ぶという選択肢もできたわけだ!♡

 


今後の目標に”半年に一度はダイビングをする”を入れたので、一緒にダイビング行ってくれる人、大募集ーー😝✨✨

って、こっから半年後の7月に私はどこにいるのやら。笑

f:id:ryoko828m:20170430050823j:plain

f:id:ryoko828m:20170430041611j:plain

あー!楽しかった♡♡♡

 

 

 

恋してダハブ♡

1月16日

 

マジカル☆バナナ〜♪

 

バナナと言ったらゴリラ!

ゴリラと言ったらりょーん!

りょーんと言ったら美女!

美女と言ったらクレオパトラ! 

クレオパトラと言ったらエジプト!

エジプトと言ったらピラミッド!

 

 

そうだよね!!エジプトと言えばピラミッドだよね!砂漠だよね!

 

そんなイメージしか持ち合わせていなかったので、
ダイバーの聖地と言われる場所がエジプトにあると聞いた時は正直驚いた。

 

それがこちら、ダハブでございま〜す!

f:id:ryoko828m:20170429030747p:plain

 

ダハブが面している紅海は河川が流れ込んでいないことで海水の透明度が高く、サンゴの固有種も多いと、wikiペディア先生が言ってました。ちなみにwikiハワイ語で「速い」って意味なんだよ〜!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

旅好きの人にダハブの話題を出すと必ず、

 

”恋するダハブ”

 

というフレーズが出てくる。

 

これは埼玉県民に

「うまい!うますぎる!」

と唐突に切り出して

十万石饅頭!」と答えてくれるよりもやや高い確率だ。

 

 


ダハブにはダイビング目的にくる観光客がほとんど。しかも格安でライセンスが取得できるため、昔から旅人を惹きつけている。

”恋するダハブ”と呼ばれる由縁はこれで、ダイビング講習でバディを組んだ男女が陸でもバディになっちゃうってやーつ☆

だけど最近の治安不安からなのか、街はちょっぴり閑散としていた。観光地化した街の作りと観光客の数が釣り合っておらず、田舎の遊園地に来たような感じがした。でもなんだか、これはこれでのんびりとしていていいなあと、この街がすぐに好きになった。

 

 

ネット情報によると、落ち着いた雰囲気のdeep blueと、パリピの多いSeven Heavenという2つの宿が人気らしく、とりあえずは落ち着いているであろうdeep blueに行くことにした。

 

 

ポンピ〜ン。

 

誰もいない〜?

 

すみませ〜ん!!!エクスキューズミー!!

 

まだ朝の8時だもんね。

 


おっつ。

鍵、、、空いてますけど?

 

 

とりあえず共有スペースで待たせてもらおう、そうしよう。
ついでにそこのシティーハンターも読ませてもらおう、そうしよう。


久々に読んだけど、やっぱおもしれえええええええ。
槇村ああああ地獄はすぐに賑やかにしてやるからなあああああってなってるところでエジプト人のスタッフがやってきて無事にチェックイン。そしてそのままダイビングコースについての説明を受けた。

 

 

ダイビングね〜
興味あるけどどーすっかな〜
確かに日本でライセンスとるよりは、かなーり安いけど、
そもそもライセンスとった後に続けるかな〜〜〜
う〜〜〜〜〜ん。

 

 

・・・

 

 

よし!結婚したら未来の旦那さんとダハブに来よう!!
そしてのんびり2人でライセンスをとろう!

 

「恋するダハブ♡」じゃなくて、「恋してダハブ♡」

最近観光客も減ってるみたいだし、人がいないからこそ、のんびりゆっくりできるんじゃない?「恋してダハブ♡」いい名前やん。

HISにツアー企画の営業かけに行こうかね?とりあえずダハブ編のブログのタイトルは決まったね!ワッショーイ!\(^o^)/

 

相変わらず妄想暴走させながら、やる気満々のユイさんにくっついて、ダイビングスクールの情報収集に行くことにした。

というのも、昨日チェックインしていた中国人の男の子が、この宿以外にもう少し安く講習を受けられる場所があることを教えてくれたのだ。


街の散策も兼ね、何軒かダイビングショップに立ち寄り聞いてみる。
そんなこんなで気がつくと、パリピ宿?のSeven Heavenについた。

 

広々とした敷地内には海から上がったばかりと思われるウェットスーツ姿の人を見ることができた。確かにdeep blueと比べて賑やかで開放的な雰囲気が出ている!

キョロキョロしていると、エジプト人インストラクターの1人が日本語で話しかけてきた。


”ミズ”という名前の彼は、

「ニホンゴ、チョットダケ」
「ミズ、ウォーター in ジャパニーズ right? HAHA」と自己紹介してくれた。

 

私:エニージャパニーズインストラクター?

 

ミズ:イエース

 

私:イズヒーハンサム??HAHAHA

 

ミズ:フ〜ン。。。

 

ってミズの真後ろに日本人らしき人が立っとるやないかーい!!

しかもイケメンやないかーい!!

 

塚本高史ジャルジャルの、塚本高史ヨリの関西弁のイケメンお兄さん。

 


お兄さん:ダイビングやられますかー?^^

 

私:いや〜迷ってて〜

 

 


海は地球上の7割を占めているんですよ^^

 


ゴロゴロどっかーん!

 


ゆーて陸は3割なんでね^^

 

 

ピカーーーーーーーン!!!

 

 

世界一周マックスしても、地球上のたった3割ですよ?^^

 

ドーンドーンドーーーーーーーーーン!!!!

 

 


ななな、なんという、殺し文句。。。

これは、、、、
この人は、、、、

営業マンだ!!!!!!


相手にとって一番効果的な言葉を知っている、デキる営業マンだ!!!!
くう〜!心が動かされた!
※決してイケメンだから動かされたわけではない。

 

 

とゆーことで、次の日からライセンス取得の日々が始まるのであった。いやむしろこの日の夕方から、講習ビデオ視聴が始まった。睡眠学習万歳。

 


インストラクターのお兄さん改め、タケシさん。宜しくお願いしまーす!


「今日からは旅行は一旦お休みですよ^^」


「ライセンスの取得ははレジャーじゃなくて合宿ですからね^^」

 

あら?なんだか体育会なかおりが。笑

 

 

 

後日、ミズとの噛み合わない会話がこちら。

 

私:ねーねータケシさんイケメンじゃ〜ん。どうして微妙〜みたいなジェスチャーしたの〜?

 

ミズ:俺ゲイじゃないもーん

 

私:いやいや関係ないやーん

 

ミズ:俺は男に興味ないんだって〜

 

私:いやだから、そうゆーんじゃなくて、あるでしょ?男から見てもかっこいいな〜みたいな!フェイシャルストラクチャーの問題!

 

ミズ:あいらぶガールズなんだってば〜

 

私:いや聞いてねーよwwwww

 

 

全部砂のせいだ!後編

そろそろ迎えのジープの時間なのでサルマン邸に戻ることに。

 

コンコン。

 

あれ?


んん?

 

 

・・・・・

 

 

なぜか3分近く待たされる。

 

 

・・・・・

 

 

ドアを開けたユー・アー・ビューティフルを見て何かを察する私とユイさん。

こういう時の、女のセンサーに間違いはないと思う。笑

 

 

気を取り直してジープに乗るぜ!

f:id:ryoko828m:20170428053817j:plain

f:id:ryoko828m:20170427235535j:plain
荷台に乗ったんだけど、まあ〜!これが揺れる揺れる!!!!
めちゃくちゃエキサイティングでした!

f:id:ryoko828m:20170428054552j:plain

う〜ん!絶景!!!

 

キャンプサイトに到着して砂遊び!

f:id:ryoko828m:20170428054743j:plain

f:id:ryoko828m:20170428052511j:plain

前回誰も突っ込んでくれなくて寂しかったコレもこの時に撮影!!笑

f:id:ryoko828m:20170427235749j:plain

 

f:id:ryoko828m:20170427235700j:plain

f:id:ryoko828m:20170427235754j:plain 

村に戻っていくジープがあんなにちっちゃい!

f:id:ryoko828m:20170428052932j:plain

暗くなったら夕飯〜!

f:id:ryoko828m:20170428052538j:plain

f:id:ryoko828m:20170428052541j:plain

 

残念すぎるけど、曇りのため星はあまり見えませんでした。。。

てことで、寝ます!おやすみなさい!

  

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月15日


朝、周りの高い岩のせいでお天道様が見えないという!

f:id:ryoko828m:20170427235616j:plainf:id:ryoko828m:20170427235604j:plain

まだ月が残ってる〜!

f:id:ryoko828m:20170427235632j:plain

朝の空気を楽しんでから、ご飯を食べて、ジープで村に戻ることに。

またこのパン。。。f:id:ryoko828m:20170428052713j:plain

 


村からは公共のバスが次の目的地であるアカバに出ているはずなんだけど、、、、


まあ、ないよね。笑


最後の最後でやられたか。。予測はしてたけど、悔しい。
敗北感が半端ないけど、もうサルマン邸に文句言いに行く元気もなく、キャンプオーナーにお願いして止むを得ずタクシーを呼ぶことに。

 

※結局泊まったキャンプはペトラのホテルの系列でもなんでもなくてただの紹介。

サルマンは仲介業者的な役割だったことが、ここのオーナーと話しててなんとな〜くわかった。

 

キャンプのオーナーは、信頼できる人!!オーラがすごかった!

f:id:ryoko828m:20170428055344j:plain

1ヶ月近く滞在できて尚且つブログ書いてくれるなら滞在費いらないよ!的なこと言ってたので興味ある人はご一報を!

 

 

f:id:ryoko828m:20170428013905p:image

 

 

さあ〜!我々が次に向かったのはーーー

アカバ

f:id:ryoko828m:20170428060311j:plain

海がめちゃ綺麗〜〜〜〜

ここに来た目的はズバリ!

 

エジプトに船で国境越え!!

 

無事にチケットオフィスで降ろしてもらい、エジプト行きのフェリーチケットをゲット!このフェリー、遅延・欠航頻発という噂があるんだけど、大丈夫かな?

いずれにせよ出港は夜の11時。それまでアカバ散策。

 

 

 

 


暇だったからグラスボートに乗る。

f:id:ryoko828m:20170428061637j:plain
一緒に乗った家族づれがとっても賑やかで楽しかった!

f:id:ryoko828m:20170428061433j:plain

f:id:ryoko828m:20170428061503j:plain

イスラム圏の女性は着衣水泳。f:id:ryoko828m:20170428060458j:plain

 

月に代わってお仕置きよ!

 

f:id:ryoko828m:20170428064207j:plain

ちっちゃい頃の写真は全部このポーズ。

ちなみに私はセーラージュピターになりたかったです。

男言葉を使って、ケンカもめちゃ強いのに料理が得意っていうギャップが私の憧れポイント。

 

 

ビーチの後は腹ごしらえを兼ねてファストフード店へ移動。

店選びのポイントは、ネットがあるかどうか!
ワディラムではwifiがなかったから今後の予定とか調べまくって、気づいたら4時間超えの長居。最終的にはwifi切られましたwwwwww

 

 

なんとか夜まで時間を潰し、港へ。

大物キャンプオーナーのおかげで、ワディラムからアカバまで利用したタクシーが夜また街まで迎えにきてくれて港まで乗せてくれました。ヨルダン色々あったけど、最終日にいい人に巡り会えてよかった!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

港ではまずヨルダン出国の手続き。

f:id:ryoko828m:20170428043554j:image

 

また出国税払うのかよ〜
イスラエル行くときも払ってるから)

チョロまかせられないかな〜と思って、

イスラエルに行ったときの出国税の納税書をしれーっと職員に出してみる。。。

 

 

ダメでしたw


「なんだこれは!?」と税関に物議を醸しだす私の過去の納税書。
わらわらと他の職員が集まってくるw
とりあえず英語が話せないふりをして無知を装う私。笑

税金はきちんと払いましょう!!←当たり前!

 

左がイスラエル行った時の納税書。

右がアカバのやつ。アカバのはきちんと日付が刻印されるんだね!

f:id:ryoko828m:20170428042831j:image

 

 

フェリーのるよーーーー! 

f:id:ryoko828m:20170428052734j:plainフェリーで、外国人らしき乗客は我々二人とフランス人の女子2人の4人のみ。
やっぱり女子は得なのか、誰もいないスペースを広々使わせてもらって寝ることができた。

しばらくすると先ほど別室を用意してくれたくれた職員がまた呼ぶもんだから、なんだなんだとついて行く。すると看板にたどり着いた。
船からの綺麗な景色?を見せたかったらしい。


いやごめん、わたしは今寝たいのだよ。

 
そしてユイさんがタイハラの被害にwwwwwwww

f:id:ryoko828m:20170428052748j:plain

 

<タイハラ>
正式名称:タイタニックハラスメント
船に乗った際、強制的にタイタニックごっこをさせられるという非常に不快な行為

 


皆さん、気づかないうちに加害者になってませんか?
気をつけてくださいね。

 


そしてあっという間に船はエジプトについた。
やっぱり女子はVIPらしい。
フランス人も合わせて4人、チャチャッと船から降ろしてくれて税関に案内してくれた。

 

しかし荷物検査で何やら怪しまれる。

「薬のこと?」とバックパックからマラリア予防薬の箱を出す。

「これを大量に持ってるか!?」

「いや、この一箱だけだけど、、、???」

「カバンをあけてみてくれ」

「まあ別にいいけど、、、なんのことだ????」

 

なんと!ワンデーのコンタクトが目に付いたらしい。
なるほどねー!確かに薬にみえなくもないな!!
また新たな発見!

f:id:ryoko828m:20170428063203j:plain

荷物を取り出す私。

ユイさん、こんな場面とっててくれたんすね!感謝!

 

 

晴れてエジプトに入国。
がしかし夜中の2時だ。
目的地のダハブまではここヌエべから車で一時間ほど。

早朝には公共のバスが走るから、それまで待機が必要。

 

ここで待ちたいんだけど〜とフェリー乗り場にいられないか交渉するが、ダメだった。

 

ここはアカンけど、目の前にカフェテリアがあるよ〜とのことなので、とりあえず建物を出る。

 

あー!あったあった。本当に出てすぐ、目の前にあったわ。

 

とりあえず茶でもしばくことに。

アラブ系の国ではお茶が甘いことは学習済みなので、ノーシュガーでお願いする。


キビキビ働いているお兄さんからなぜか人参をもらう。

f:id:ryoko828m:20170428042948j:image

f:id:ryoko828m:20170428043212j:image

夜中3時で疲れが見られるね。


そろそろバス停に行くかと外に出ると、タクシー運ちゃんに声をかけられる。

事前に2人で決めていた、「この金額ならタクシーのろう!」をぶつけると
あっさりokしてきたため、拍子抜け。

カフェテリアの待ち時間が一瞬で無駄になった。w

まあ夜が明けてからの移動の方がいいから結果オーライだね!


前に3人座る。早朝ということもあってユイさんはコックリコックリしてたけど、私は運転手が居眠りこかないか必死で監視笑

 

なんも話通じないけど、ひたすら話しかけながら、ダハブへと向かった。

全部砂のせいだ!前編

話は遡って1月14日。

まだヨルダンですよ、中東の!

 

え、もう大分昔の話、、、、!!!!

(リアルタイムはヨーロッパのチェコに来てます!!と言ってるうちにポーランドに到着しました。ヨーロッパは大分駆け足。)

 

 

f:id:ryoko828m:20170425172131j:plain

 

ヨルダンに行くにあたってやりたかったことが3つ。

 

1、死海でプカプカ

2、ペトラ遺跡に行く

3、ワディ・ラムでキャンプ!

 

 

ワディ・ラムとは、ヨルダン南部に位置する、でーーーーーーーっかい岩がたくさんの砂漠地帯。2011年にはワディ・ラム保護区として世界遺産にも登録!

そして、そのワディラムでキャンプ体験ができるとい話を聞いてから思いを馳せていたのであーる!

 

ここねここ!

f:id:ryoko828m:20170426060700p:plain

 

  

きちんと情報提供されているツアーはびっくりするほど高い。お金をかければ大抵のことはスムーズにいくけれど、バックパッカーはそうは行かない!少ない情報をたよりに最安のプランを見つけるのも楽しみの一つ!なんだけれでも今回は中々大変でした。。。

 紆余曲折経て、

最終的にはペトラで泊まっていたホテルのマネージャーが紹介してきた、

同系列の”サルマンホテル”というキャンプサイトに行くことに。

 

この時、私のヨルダン人に対する信頼度は10パーセントくらいになってたから、とりあえず話をきっちり詰める。先払いだというからには尚更だ。

 

何が含まれていて、何が含まれていないのか、公共バスの乗り方から、次の目的地であるアカバまでの行き方を全て確認!!

そして、一切の追加料金が無いことを念押しで確認。(紆余曲折の原因は後から言われた追加料金だったため)

 

「何かあったら電話してくれれば大丈夫。」というマネージャーの言葉と簡単に作成された領収書を信じ、次の日の早朝にいざ出発。出がけにバスの運転手にもサルマンホテルまでと話しをしてくれていたし、まあ大丈夫でしょう!

 

 

このワディラムキャンプは保護区域のため、入場料が必要。

だけど昨晩の話し合いで入場料も費用に含まれていることは何度も確認している。

だから払う必要はないんだけど、キャンプの入り口でバスが停まると外にいたヨルダン人たちがバスの中に押し寄せ、入場料を払えと言われる。

 

いや払う必要ないから。

 

と言っても、払えと言われる。

 

いやだからうちら前払いしてるから。

 

と言っても、払えと言われる。

 

  

いやもううるせーよ!知ってるよ!こっちは払ってんだよ!!!!

と、軽く一戦交えて終了。

 

 

やはりヨルダンは、一筋縄でいかない。。。

 

ユイさんと顔を合わせ

 

「これはまだ。。何かあるな。。。」と。

 

 

ペトラから同じバスでキャンプまできた人たちが続々とホテルの迎えで降りていく。

 

朝運転手にはサルマンホテルへと言ってあるから大丈夫、、、なはずなんだけど。。。。

 

 

 

ーーーーーーーサルマン詐欺!??ーーーーーーーー

 

バスが泊まったところに一人の男性の姿が。

 

サルマンさんですか!?

 

そうですよーー

 

あー!よかった〜〜〜〜!!!

 

一安心!杞憂だったねユイさん! 

 

と彼についていく。

 

そしてたどり着いた先は、、、、

 

 

 

なんと普通の民家。

 

え!?砂漠じゃなくて民家じゃん!ここに泊んの!???w

 

砂漠でキャンプを想像していたのに、砂漠の入り口の村でのホームステイかよ!w

 

やっぱりなんかあると思ってたんだよ〜w が現実になったw

 

 

 

サルマンさんは推定42、3歳。小太りのアラブ人男性。

家で出迎えてくれたのがなんともお綺麗な若い奥様だったからびっくり仰天。

残念ながら写真撮影はNG、、、

サルマンさんと並ぶと本当にね、エマワトソンも納得の美女と野獣!!!!!!

 

 そして、

若妻がお茶を淹れてくれる。

 

美しい若妻に興奮して一瞬忘れてたけど、ここにホームステイするわけ、、、ないよね?

 

あの〜サルマンさん、うちら◯◯さんのホテルに泊まってて〜

こちらを紹介されたんですけど〜〜。。。あの、砂漠内でのキャンプって聞いてたんですけどもいやはや。

 

おっけーおっけーと彼は何やら砂漠の地図を出してきた。

 

 

 

「キャンプをする場所は砂漠の真ん中で、ここからジープで1時間くらいのところだよ」

と。

 

「あ!!!ですよねーーー!!あ〜よかった!」

と胸を撫で下ろしたのも束の間、

そのキャンプまで行くジープツアーの案内が始まった。もちろん有料。

 

 

「いやいや、ツアーはいらないんです。直接キャンプ場に行くだけでいいんです!」

 

「それなら◯◯円かかるよ。」

 

私・ユイさん:はいーーーー!でた〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

もうヨルダン人への信頼が10から5になったよね。どうしてこう物事がスムーズにいかないんだろうか。昨日の確認はなんだったんだおい。

 

あの、うちら全部含んでるって聞いてお金も払ってるんです!!ちょっとマネージャーに電話してもらってもいいですか?!!

 

と不服そうながらもホテルのマネージャーに電話してもらう。

 

最初に私が事情を説明。

 

その後しばらく、マネージャーとサルマンさんとの会話は続く。

 

なんとか話はつき、無料送迎の確定。

 

もう本当こういうのやめてほしい。

 

クレームだよクレーム。

 

 

 

しかもなんか、変な空気になったし!!!!

 

微妙な空気をどうにかするために、、、、

 

とりあえず奥さん褒めちぎり作戦を遂行することに。

 

名付けて!新婚さんいらっしゃい大作戦!

 

いや〜めちゃ綺麗な嫁さん、もらいましたね〜

うらやましっすわ〜

結婚何年目なんです?どこで出会ったの?

てか結婚式の写真とかあったりする?え?あるの!?見せてよ〜!見たい見たい!

あ、飴ちゃん食べます?日本の飴ちゃんなんです〜味はねーパイン!

 

喜ぶ若妻を見て、 サルマンさんは次第にご機嫌に。

我ながらこの作戦はファインプレイだ! 

 

そりゃ〜自慢の若妻ですからね。

 

なんてったってまだ、20歳なんですもん!!!

 

奥さんがまだ高校生の時に目をつけたらしいよサルマンは!(もう呼び捨てだよ!)

 

 

いやいや奥さんあなたね、そんなに可愛くって若いのになんでこの小太りで妻子持ちのオッサンなの?って余計なお世話??

 

 

そう、サルマンは妻子持ちなのだ。

 

イスラム教では複数の奥さんをもてるから、一日置きにこの若妻と最初の妻の家を行き来しているらしい。

すげーなサルマン。。。

 

 

 

ここで素朴な疑問を若妻に。

 

 

「ヤキモチとかやかないの???」

 

 

Why?

I am so beutiful, why i have to be jealous????

なんでこんなに美しい私が嫉妬する必要があるのかしら??

 

 

WHY? I  AM SO BEAUTIFUL...

WHY? I  AM SO BEAUTIFUL...

WHY? I  AM SO BEAUTIFUL...

 

こだまでしょうか?

いいえ、誰でも。

 

ユイさんと二人で、声を出して床に倒れ込む。

わあああああああああおおおおおおおおお!

うちらリアクション芸人になれますね。笑

 

 

これがかの有名な、

アイ・アム・ビューティフル事件。

 

なんでうちらこんな砂漠の街にまで来てラブラブっぷりをみせつけられたんだろ?

と、ユイさんに言われたのがじわじわ来たw

新婚さんいらっしゃい大作戦は成功したけど、なんか変なダメージくらったわw

 

 

キャンプに行くジープの迎えは午後3時からのため、ちょいと休憩させてもらってから我々は外で時間を潰すことに。

新婚さんと同じ空間に居続けるのも、、、なんだかね、、、。

 

 

 パノラマ撮影したお家。よく考えれば民家にお邪魔は貴重な体験!!

f:id:ryoko828m:20170426054926j:plain

 

外に出て、とりあえず、、、パン食うべ。

普通に絶景ピクニックやん!!!!

f:id:ryoko828m:20170426055054j:plain 

この丸いパン、食べ過ぎて飽きてきた。。。

 

それから街を散策。これはこれで面白くて、良かった^^

f:id:ryoko828m:20170426054617j:plain

街の商店にて。

f:id:ryoko828m:20170426054612j:plain

 

f:id:ryoko828m:20170426054556j:plain

カフェもあったよ!

f:id:ryoko828m:20170426055926j:plain

f:id:ryoko828m:20170426060005j:plain 

あれ?あんなところにCB!??え、みなさんCB知らんの?

チェーンブロックよ、チェーンブロック。こんなとこで見れるなんて大興奮!!

f:id:ryoko828m:20170426054659j:plain

あー!でも残念!バイタルさんでした!

f:id:ryoko828m:20170426055454j:plain

ここにいた子どもが可愛いい。。。

f:id:ryoko828m:20170426055751j:plain

カメラを撮る私の真似っこかな?^^

f:id:ryoko828m:20170426055805j:plain

 f:id:ryoko828m:20170426055800j:plain

 

長くなったから前編はこんなところで〜!^^

ヨルダンと言えば、ペトラ遺跡よね!part2

1月13日

 

本日は丸一日ペトラの日!

 

朝8時前には着くように、前日勝ち取った無料タクシーで出発。

 

お決まりの、「クレジット使えないよ詐欺」に粘りに粘る。

めんどくさい・やりたくない・よくわからないで平気で嘘ついてきて試そうともしてくれないことがこの国では珍しくない。諦めない心が大切。笑

 

朝から一戦交えたせいで(ホットシャワーに続いたら二戦目)若干ボルテージが上がりましたが、気をとりなおして中に。

 

いくぜーーーーーー!

 f:id:ryoko828m:20170315033501j:image

(一応ジャンプしてる)

 

昼間の宝物殿。下からバージョン。

f:id:ryoko828m:20170315024033j:plain

 f:id:ryoko828m:20170315031715j:image

 

おおおおお雄大!

 

f:id:ryoko828m:20170315024227j:plain

 すげーなおい。。。

 


途中でであったモロッコ人4人組がペトラを上から見えるところまで連れてってくれた。
医者・医者・医者・歯医者の何この合コン最強メンバー!みたいな四人組でした。笑

 

https://www.instagram.com/p/BPSMw5BjGKs/

ペトラ遺跡だぜーーー!でかい!めちゃよかった!#入場料は現地民の10倍#ペトラ#ヨルダン#petra#jordan #worldtravel#worldtravel #girlstravel #neverstopexploring #世界一周#世界一周中#中東#アラサー女子 #バックパッカー#女子旅#遺跡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ペトラで一番行きたかったとこ、、、、!
それは遺跡内にある隠れ家カフェ。

 

カフェかーい!と思われたかもしれませんが。

 

ええ、カフェですよ。

 

このカフェはペトラ内に唯一暮らすベドウィンのモフレおじいちゃんが家の庭でやっているのだ!

f:id:ryoko828m:20170315024506j:plain

気づいて手を振って出迎えてくれたモフレさん。

 

 

ここに住んでいたベドウィンたちは、ペトラを世界遺産に登録する際に立ち退きを余儀無くされたのですが、、、

 

 

「立ち退きしなきゃいけなかったって聞いたんだけど、じーちゃんはなんでここに住み続けられるのー?」

 

 

「国王に直談判しにいったんだよ〜。わっはっは〜」

 


「ええええええ!すごーーーーい!」

 

 

普通に街に家族もいるらしいいんだけど、ここでの暮らしが気楽で良いんだって。

 

 

「たまにはあの崖の上で星を見ながら寝るんだよ、わっはっは〜」

 

と近くのバカ高い崖を指差すモフレじーちゃん。

 

「あの洞穴で生まれたんだよ〜」とも教えてくれた。

 

f:id:ryoko828m:20170315025608j:plain

じーちゃんが持ってた2012年度版の地球の歩きかたに、日本人のAYAさんという方の名前と住所が。

 

数年前に3週間ほど、一人で来て寝泊まりしていたらしい。

 

 

「彼女げんきだろうかね〜また来るって言ってったから楽しみにしているよ〜」

 


「私日本帰ったら捜します!そんでじーちゃん元気でしたって伝えます!!」

 


「また来るっていってたから、それでいいよ〜。わっはっは〜」

 

「つぎはここに泊まりなさいな〜。わっはっは〜」

 

となんともゆったりと心が広いじーちゃんなのであった。

 

 

 

 

 

 

帰り際、おいくらですかと尋ねると、

 

「お代はいらないよ〜。わっはっは〜」と。

 

あー。

もう本当にありがたい事ばかりおこる。

本当に嬉しかった。

f:id:ryoko828m:20170315033625j:imageモフレじーちゃん、元気でね! 

 

 

わっはっは〜からの偶然撮れた鋭い目つきの一枚。笑

やはりベドウィン!!渋い!!!!

f:id:ryoko828m:20170315025939j:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、ペトラ見学後はアマッドさんとペトラの北村一輝がのBBQを催してくれました!!


この日は金曜日で、金土がお休みのヨルダンではよくピクニックやBBQをするらしく、至る所に家族連れの姿がありました。

ローカル体験させてもらえて、本当嬉しいーーーー😭😭💕

f:id:ryoko828m:20170315024911j:plain

f:id:ryoko828m:20170315025849j:plain

 f:id:ryoko828m:20170315033653j:image

 

それはそれは星空が綺麗で
鶏肉は最高に美味しくって
甘いベドウィンティーも寒空の下だとまた格別で。。。

やっぱり自然の中でのごはん、最高ーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

 

  

この日も沢山の嬉しい出来事に恵まれて、とっても素敵な忘れられない1日になりました😆✨✨✨

 

ヨルダンと言えば、ペトラ遺跡よね!part1

1月12日 

前日にイスラエルからヨルダンのアンマンに戻ってきて一泊して、

この日は朝からローカルバスを捕まえてペトラへGo!!!!

f:id:ryoko828m:20170306040700p:plain

 

荷物がでかすぎてお金を取られそうになるが必死に抵抗w

床に置いて決着。いや〜せまい!w

 

 

ペトラの町はなんだか素敵だった。

f:id:ryoko828m:20170306040410j:plain

 

f:id:ryoko828m:20170306040412j:plain

f:id:ryoko828m:20170306040736j:plain

f:id:ryoko828m:20170306040748j:plain

 

ペトラ遺跡は月・水・木のみ、蝋燭の明かりで遺跡が照らされ、ベドウィン(中東の砂漠の民)の伝統音楽を聴けるとい『ペトラ・ナイト』というものをやっている。

 

チェックインしてちょっと休憩してペトラまで歩くことに。

途中で坂を下るタクシーにタダでのせてもらっちゃった!やっぱり女二人旅はラッキーがよく起こる。

 

ペトラにつくと、まだペトラナイトまで時間がだいぶあったので、併設している資料館に。

 

一緒に写真撮ろうと声をかけてきてくれた兄弟。

美男美女やな〜

f:id:ryoko828m:20170306041541j:plain

f:id:ryoko828m:20170306050927j:image

この資料館で働いてる??後ろでピースしてるアマッドさんという人がとにかく親切で、資料館を案内してくれた。

 f:id:ryoko828m:20170306051027j:image

 

ペトラ遺跡はは上から岩を削ってつくられたらしい。

 

f:id:ryoko828m:20170306051150j:image

f:id:ryoko828m:20170306051045j:image

 

そしてそのあとは従兄弟がやってる入り口付近のお土産屋で遊ばせてくれた。

f:id:ryoko828m:20170306051219j:image

砂アート挑戦。

f:id:ryoko828m:20170306051258j:image

 

ユイさんなかなかうまい!!!

 

f:id:ryoko828m:20170306051314j:image

砂を詰めていくのだが、簡単そうで難しい。

f:id:ryoko828m:20170306051335j:image

 

ぶさいくなラクダちゃん。

 

f:id:ryoko828m:20170306051355j:plain

 

 

本日の講評。

f:id:ryoko828m:20170306051505j:image

 

それから中東の女性がよくしてる、こちら

 

f:id:ryoko828m:20170306054227p:plain

 

f:id:ryoko828m:20170306051517j:image

 

あらやだ、私じゃないみたい!

f:id:ryoko828m:20170306051546j:image

 

あたいも。

 

f:id:ryoko828m:20170306051626j:image

 

 現地妻になりました。

 

https://www.instagram.com/p/BPLk0eDjdiz/

世界の日本人妻は見たinペトラ•••グローバル婚活はじめました。#国際結婚#偽装結婚#ベドウィン#世界一周#世界一周中#民族衣装#砂漠#ペトラ遺跡#ヨルダン#バックパッカー#girlstravel#worldtravel#adventure#backpacker #backpackerstory

 

 

私の旦那、誰かに似てると思いません??

 

そう、彼ですよ彼。

 

f:id:ryoko828m:20170306053139p:plain

 

 

ユイさんも。

マジで巻かれてる時面白すぎた。笑

 

f:id:ryoko828m:20170306052502j:image

 

爆笑wwwwww

 

f:id:ryoko828m:20170306052503j:image

 

 アラビアンナーイト!

f:id:ryoko828m:20170306052533j:image

 

 

そして念願のぺトラナイトに。

ペトラナイトは遺跡内で一番有名な宝物殿、エル・カズネでの1時間ほどのキャンドルによるライトアップと楽器演奏。

おおおおおおおお

イカすやんけ店長ーーーーーーーーーー!

とまたも叫びたくなる。

(このネタわかってくれてる人、いるのかな。。。。)

 

f:id:ryoko828m:20170306052052j:plain

f:id:ryoko828m:20170306053429j:plain 

ひゃ〜綺麗だった〜。

f:id:ryoko828m:20170306052539p:image 

ユイさんがとってくれたお気に入り♡

 

 

 

 

 

そしてアマッドさん、なんとペトラナイトが終わる時間まで待っててくれて、宿まで送ってくれた😭しかもより道して夜景まで見せてくれて、、、

本当に親切にしてくれました。

 

 

なんかいいことばかり起きすぎ!!!

f:id:ryoko828m:20170306052951j:plain

 

 

 

まあ今日もいつものように擦り傷くらいはあったけどね!

ホテルに戻ると明日のペトラまでの無料送迎について、送迎はないよ詐欺。

→ネットにかいてあったろーが!

反論からのタクシーを呼んでもらうことに。もちろん無料。

 

お湯が出ない

→あと15分後に

→今日は出ない明日6時に

→おい、どないなっとんねん6時半までにどうにかしーや

→念願のお湯!!!!!

聖地よりもねこが気になる。

1月10日
パレスチナからエルサレムに戻ってからはキリストが死刑判決を受けたピラト邸にあったアントニオ要塞から、十字架を担いで歩いたと言われるゴルゴダの丘までの道、”Via Dolorosa”を歩くとこにした。

f:id:ryoko828m:20170305172904j:plain

 

エルサレムの旧市街の中で14箇所のステージが設けられており、10から最後のステージであるイエスの眠る墓は聖墳墓教会内にある。


パレスチナから戻ったのがもう夕方時近くだったから、
聖墳墓教会だけを次の日に残し、この日は宿に戻ることにした。


夜はどこでご飯を食べようか。。。物価の高いイスラエルに戻ってきてしまった。

レストランを覗いては見るものの、やっぱりお高い。

 

今夜もサンドイッチかな〜

 

メニューを見せてもらいながら、明日イスラエルを出国するための国境までのバス代を残すと、やっぱりたりない。


そんなこんなで店先にいるとなんと店主が相談にのってくれて、破格でケバブを出してくれた!!!😭久々の肉に感動。

 

なんて、なんて優しいのだ、、、

ユイさんといるとよくミラクルが起こる。

 

 


「こうやって親切にしてもらったことはいつか誰かに還元しないとだね」

 

 

パレスチナからの帰りでもあったからか、ユイさんと平和や人生についての話をした。

 

「やっぱり人間いつ死ぬかわからないから、やりたいことやろう!
そんで大切な人にはきちんと大切なことつたえよう!!!」

 

ちょっと恥ずかしいくらいアツくなったは、店主がホットワインを二杯もサービスしてくれたからかもしれない。

 

f:id:ryoko828m:20170305173141j:plain

 

f:id:ryoko828m:20170305173203j:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1月11日
この日はとっても清々しいお天気で、すごく気持ちが良かったことを覚えている。

  

f:id:ryoko828m:20170305174035j:plain

f:id:ryoko828m:20170305174058j:plain

 

 

f:id:ryoko828m:20170305174149j:plain

 

 

聖墳墓教会

f:id:ryoko828m:20170305174203j:plain

f:id:ryoko828m:20170305174211j:plain

 

 

エルサレムではもちろん、イスラム教の第三の聖地である岩のドームにも行った。

 

f:id:ryoko828m:20170305174637j:plain

 

 

正直にいうとね、、

信仰のない自分にとっては、聖地は確かに厳かな雰囲気は感じるけど、それは自分の内面からではなくその場にいる人々に緊張感からである気がする。

だから場所そのものに対しては深い感想をもてなかった。


万人にとっての神聖な場所は必ずしも自分にとってのそれであるわけじゃないという当たり前のことに改めて気が付いた。

わたしの旅をするにもかいたけど、
みんな行ってる有名どころにわざわざ行く必要ないなって、イスラエルに行ってから2ヶ月経った今現在(スペインの端っこの町なう!)、やっと気が付いた。

 

ちょっと最近の話をすると、わたしの旅のブログを書いてから、チェンマイミャンマーで会ったKENさんが感想の連絡をくれたのをきっかけに少しまた自分の考えが整理された。

 

”自由や未知を求めて旅に出たはずなのに、なぜかガイドブックに書かれた有名どころやお決まりのルートを辿るという矛盾。”

(やばいこれ、名言っぽい!w)

 

わたしは貧乏性だから、せっかくここまできたんだから、世界遺産でしょ!?いっとかなきゃ!みたいな部分でわりかし有名どころはおさえてきたんだけど、さほど興味のわかない場所は自分にとってはそんなに重要じゃなかったことに気がついた。だからスペインでは色々スルーしてるw


自分が求めた時がタイミングなんだと思う!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

人間が厳かな雰囲気でいるのに御構いなしでのんびり過ごすねこの方が気になるんだよな〜 

f:id:ryoko828m:20170305174511j:plain

 

f:id:ryoko828m:20170305174546j:plain 

 

f:id:ryoko828m:20170305174545j:plain